行列FP実践者さんに「十分すぎる金額」の執筆依頼があったそうです。

247 ビュー

僕の教材(行列FP教材)実践者さんが、またお仕事の依頼をもらったそうです。

本格的な執筆依頼で、ご本人も「十分すぎる金額」と喜んでました^^


「十分すぎる金額」の執筆依頼をもらったそのFPとは?


このブログでも何度かご紹介している安部智香FPです。

安部智香FP ブログ

で、安部FPからはこちらのようなメッセージを頂きました。


ブログより下記のご連絡がありました。

自分ではほとんど記事を書かず、Web掲載記事をシェアしているだけなのですが、それでも読んで下さり、ご依頼いただけるのは嬉しいです。

単価も十分すぎる金額で、早速お話を進めさせていただいています♪

(依頼内容の詳細は省略)



実際の依頼内容を見て僕もびっくりしましたが、確かにこれは「十分すぎる金額」でしたね。

これなら稼ぎまくってるFPでも、受けたくなる金額じゃないでしょうか?


…本当は金額も教えてもらったんですが諸々の事情で公開できず、申し訳ないです。

スイマセン。

何度か交渉したんですが…笑


でも、雰囲気は十分、掴んで頂けるんじゃないかと思います。


安部さんはブログもゆるーい感じで更新してて、それでどんどん仕事の依頼が入るわけですからスゴイですよね。



今、世の中は執筆バブル!?


僕が今、肌で感じていることは

「世の中、執筆バブルなんじゃないか?」

ということ。


安部FPのご報告ももちろん驚きですが、他のいろんな話(記事執筆の依頼があった、単価がアップした、など)を総合するとそう思えてくるわけです。


これはなぜかというと2つ理由があると思ってて一つはコンテンツマーケティング全盛だということ。

コンテンツマーケティングというのはつまり、内容の濃い記事を書いて検索エンジンから集客しましょう、という考え方です。


これは別に今に始まった考えではなく、ある意味テレビなどもコンテンツマーケティングと言えます。

誰もが見たいコンテンツ(テレビなら、映像)を配信し、それを見ている人に広告を流せば集客できるわけですよね。

それと同じことで、読みたい記事がそこにあって読者が集まれば、そこに広告や集客の導線を張れば集客できるわけです。

要は、昔からある、王道の集客法だということですね。


企業も個人もこのことに気づいてきたので、コンテンツマーケティングのプレイヤーが増えてきたことが一つ。


もう一つは、ライター不足だということ。


「え?ライターって不足してるの?」


と思われるかもしれませんね。

確かにランサーズやクラウドワークスなどでも簡単にライター募集ができますし、クラウドに登録しているライターさんの単価は、極端に低い場合もあって不足しているようには一見、見えませんよね。


でも良い品質の記事をかける人って案外少ないんですよ。

もちろん安心して欲しいのですが、少なくともFPであれば良い記事を書けるポテンシャルがあります。

なぜなら既にFPの知識は満載ですし、FPは勉強好きな人が多いですから、どんなことでも調べてちゃんとした記事にできるスキルが既に備わっているといえます。


そういう人材は、不足しているわけです。


そういうFPは、クラウドで仕事の募集はしません。

こうやっていい仕事の話が自然と集まってきますから。



だからこそ、僕の教材(行列FP教材)でも

「ブログを書いて集客しましょう」

というコンセプトを貫いているんですよね。


FPだからこそ出来るブログがある、というわけです。


この執筆依頼の受け皿として、ブログは最適なメディアになります。

ブログ一つあればFPの人柄も分かるし、記事の力量も分かりますからね。

毎日忙しい依頼主の目でみれば、ブログはかなり便利なメディアです。


ホームページとブログの本当の違い


もう何度か言ってますからご存知の方も多いはずですが
集客したいならホームページを作っちゃダメです。

集客のために必要なのはホームページではなくて、ブログなんですよ。

もちろん、ホームページがあってはダメという意味ではないです。

あっても構わないのですが、ホームページで集客しようと思ってもそれは難しいということです。


ホームページとブログの本質的な違いは「情報発信力」。


ホームページというのは最初に作ったら基本放ったらかしで、同じページのまま古い情報ぐらいは更新していく程度、という位置づけです。

静的で動かない、紙のパンフレットをネット上に再現したようなものですね。


対してブログというのはどんどん新しい情報を発信していくので、ホームページに比べて情報発信力が高い。


見た目は別に「ホームページ」でも全然構わないんですよ。

情報発信力が高ければ、それでいいわけですからね。


ネットという広大な空間で見つけてもらうには、この「情報発信力」は譲れない一線です。

ホームページがあるからと安心しているなら、ちょっと考え直したほうがいいと思いますね。


ブログの場合、とにかくコツコツ続ける事が大事です。

先程の安部FPのブログを例にすると、本記事執筆時点で150記事程度がアップされていました。

ブログ開始から1年半ぐらいですから2.7日に1記事、投稿頻度としてはわりといいペースですね。

これからもコツコツ記事が増えていくはずです。


ただ、ほとんどの記事は数百字程度の軽い記事で、他社サイトに掲載している記事も多いですね。

でもそんな感じでいいんですよ。


要は

「しっかり情報を発信できているかどうか」

が大事なわけですから。


ブログを見て

「この人なら仕事を依頼できそう」

と思ってもらえれば、その時点でオファーが来ます。


そういう構成になっていれば大丈夫というわけです。


これから在宅起業や副業を始めたい女性は、こちらの記事もお勧めです。

女性・主婦に人気の在宅起業の種類とは?





あなたも今すぐ「依頼が来る」ブログを始めてみませんか?


僕のメルマガで待っていますよ。




ps.

月収70万円超えました。

保険を売らなくてもFPは十分やっていけますよ。


プロフィール
行列FPメルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、工学博士(阪大)。ライフプラン相談100世帯以上、個別の資産運用相談等を中心にFP業で収入を得ていますが、ネット集客が得意で北は北海道、南は沖縄まで日本全国に顧客を持っています。

FPは集客が難しいと言われる中、ネットだけで集客に成功しているFPはさらに少ないと思いますが、その秘密をメルマガでお伝えしています。

メルマガ詳細

プロフィール
メディア掲載実績など
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール




PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



FP事務所ブログが月間16万アクセスを超えました



FP事務所メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
人気記事 月間TOP10
最近の投稿