WordPressバージョン5の新エディタが使えない!?緊急対策と新エディタの使い方!

241 ビュー
WordPress5.0の新エディタの使い方

こんにちは!
行列FPの林です。

12月6日(日本時間では7日)に、WordPressのバージョン5が公開され、更新できるようになりました。

うっかりバージョン5に更新してしまった方、大幅に刷新された新エディタに四苦八苦しているかもしれません。そこでこの記事では旧エディタに戻す方法と新エディタの基本的な使い方を調べてみました。


  • うっかりWordPressバージョン5に更新した人が、使い慣れた旧エディタに戻す方法が分かります。

  • 新しいエディタで記事を書く方法が学べます

  • WordPressバージョン5にまだ更新していない人が、今後どう対応すべきかが学べます

  • WordPressバージョン5のGutenberg(グーテンベルグ)について、基礎知識が得られます


では早速いきましょう。バージョン5への更新を検討している方、この記事を読んでからでも遅くはありませんよ!


行列FPメルマガ



WordPressバージョン5の新エディタGutenberg(グーテンベルグ)の対策


うっかりWordPressバージョン5に更新してしまった方は、慣れないエディタで困っているかも知れませんので、まずは旧エディタに戻す方法を学んでください。

WordPress バージョン5で、旧エディタへ戻して一安心する方法


WordPressバージョン5での、旧エディタへの戻し方ですが、簡単に言うと「classic editor」 というプラグインを使えば OKです。


WordPressの管理画面を開き、「プラグイン」→「新規追加」画面を開きましょう。

WordPressプラグイン新規追加画面

画面右上の検索窓に「classic editor」と入力してください。こちらのようなプラグインが出てきたらインストールして有効化します。

WordPress5.0 classic editor プラグイン

編集画面に入ると…

WordPress5.0 classic editor 編集画面
見慣れた編集画面が現れました。

これで一安心ですね!


これで概ね記事が書ける!?新エディタ使い方の基本が分かる動画!


エディターの使い方を記事でまとめようとすると結構面倒くさいので(汗)、今回は動画にしてみました。

こちらの動画では以下の三つのポイントについて具体的に解説しています。

  • WordPressバージョン5での、旧エディタへの戻し方(classic editor)

  • 新しいGutenberg エディタの使い方を、実演しながら具体的に

  • WordPress 5.0にしていない人が今後どうすべきか?その対処と注意点について





実際に新エディタをさわってみて気づいた点は
  • 一旦公開した記事のプレビューが、一部うまくいかない場合がある

  • ボタンブロックのリンクが、別タブで開けない?(やりかたが分からない)

などなど、直感的な操作をうたうのであれば、詳しくマニュアルをみずともできるはずで、細かい部分でいろいろ改善点がありそうですね。

あと、現時点でバージョン5で「post snipets」プラグインが動作しなくなっていました。


旧エディタで書いた記事を、新エディタのブロック形式へ変換してはいけない?


旧エディタで書いた記事は、新エディタからはこちらのようにクラシックエディタを使った編集が可能です。

新エディタの旧記事の編集画面

見慣れたメニューがあって、なんだかホッとしますね。

これを新エディタで編集する形式(ブロック形式)に変換することもできます。

旧記事をブロック形式へ変換

ただし変換の際は注意が必要です。

文章や画像が消えるというようなことはないと思いますけど、改行処理に関してはそのまま変換されないかもしれないと考えておきましょう。

特に僕が昔から使っているこちらのようなプラグイン

brbrbr改行処理プラグイン

は元々テキストモードとビジュアルモードとの相性が悪く、新エディタだけのせいとは言い切れないかもしれませんが、新エディターでも改行をそのまま変換することはできなかったようです。


ということで、まだWordPressバージョン5に更新してない人は、急いで更新する必要はありません!

その理由は、

  • プラグインが対応していない場合がある

  • テンプレートが対応していない場合がある

からです。


WordPressバージョン5、Gutenberg(グーテンベルグ)とは


ではWordPressバージョン5について、少し詳しく見ていきましょう。


どうしてGutenberg(グーテンベルグ)が必要なのか?


なぜ WordPress バージョン5のグーテンベルクが必要なのか?こちらの記事によくまとまっていましたのでリンクを貼っておきますね。


グーテンベルクとは15世紀頃に活版印刷技術を発明したヨハネス・グーテンベルクから取っているようです


ざっくり言うと、そもそも WordPress のエディターというのは長いこと進化してなかったわけですけど、他の新興勢力に対して WordPress のエディタが相対的に劣ってきていたという事情があります。

そこで WordPress のエディターを直感的な操作で編集できるように大幅に刷新したものが今回のグーテンベルクエディタということになります。

さらに言うとグーテンベルクとはエディターのことだけではなく WordPress そのものの開発プラットフォームにも関わってくる新しい仕組みのことを言っているようです。

おそらく詳しくはこれから明らかになることになると思いますけれども、技術的な事に関しては僕はそこまで理解できていません。

ただ、今後いろいろな展開を見ていく上で、明らかになってくるのではないでしょうか。

より詳しくは上記記事を参考にしてくださいね。


Gutenberg(グーテンベルグ)についてのFAQ


グーテンベルクについてよくある質問と回答が日本語で掲載されているサイトがありました。

WordPress 5.0のGutenberg(グーテンベルグ)についてよくある質問集



こちらも参考にしてください。


WordPressバージョン5で一番変わったのはエディタ


今回 WordPress バージョン5で一番変わったのは 新Editor になりますけど、今後様々な部分で改良が加えられていくということになっているようです。

どうなっていくかはちょっとわかりませんけれども楽しみにしておくことにしましょう。

ちなみに今回WordPressバージョン5でエディターが大幅に変わりましたけど、デフォルトで配布されているテンプレートも新しくなっています。

WordPress5の新テンプレート twenteen nineteen

Twenteen Nineteenテンプレートがグーテンベルグエディタに対応していますので、一度試しに使ってみると面白いかもしれません。


まだバージョン5に更新していない人は今後どうすべき?

WordPressバージョj5更新すべき?

まだ WordPress バージョン5に更新していない人はある意味ラッキーかもしれませんが、今後ずっと古いバージョンを使い続けるわけにはいかないと思います。

そこで今後どうすべきかについて僕なりに調べてみました。

こちらも非常に参考になりますので合わせてお読みください。



テスト用のWordPressを用意して、プラグインがバージョン5に対応しているか確認する


今回は大幅なバージョンアップになりますのでプラグインが WordPress バージョン5に対応しているかということが重要になります。

テストせずにいきなりバージョンアップするとプラグインと WordPress が干渉してしまい WordPress がうまく動作しなくなる不具合が発生するかもしれません。

そうした場合に備えて WordPress のテスト環境を用意し、プラグインを一つ一つ動作するか確認しながら本番環境への更新を検討することをお勧めします。


テンプレートがバージョン5に対応しているか確認する


グーテンベルク入れた後、テンプレートとの相性が非常に重要になります。

テンプレートが gutenbergエディタ に対応していなければプレビュー自体が全く機能しないかもしれませんし、表示自体が崩れてしまうかもしれないのです。

フリーのテンプレートであれ有償のテンプレートであれ、開発元の発表をチェックするようにしましょう。

12月11日時点で、こちらのような記事もアップされていました。さまざまなテンプレートの対応状況をまとめてくれていて、貴重な情報源になっています!

WordPress5.0におけるテンプレート毎の対応状況とGutenbergを使わない方法



まぁ、WEBは状況の変化が早く流動的だとは思うのですが、ぜひ参考にしてください。


バージョンアップ前にWordPressのバックアップをとる


今回のバージョンアップに限らず、どのバージョンでもこれは鉄則なのですが、データベースなどのバックアップをしっかりとっていつでも元に戻せる準備をしておきましょう。

今まで全くバックアップを取っていなかった人も、良い機会ですのでこれを機にバックアップを取る習慣をつけておきましょう。

バックアップを自動的にとるプラグインも配布されていますので上手に活用すると手間が省けて便利です。

例えば僕はこちらのプラグインを利用して、自動で定期的なバックアップを取っています。

あなたの万一に備えよう!ブログとメルマガのバックアップ方法




WordPressバージョン5への対応まとめ


WordPress バージョン5の対応を、記事と動画にまとめてみました。

今回のバージョンアップに含まれるグーテンベルグエディタは、旧エディターとは全く違う操作感になり、非常に戸惑っている人も多いと思います。

そういった場合はclassic editor プラグインを使って昔の編集環境に戻せば、安心して使い続けることができます。

ただしclassic editorのサポート期間が2021年末までと決まっていますので、いずれかの時点で新しいバージョンにアップデートする必要はあると思います(もちろん、それ以外の理由でも、バージョンアップが必要になってくるでしょう)。

また、まだ WordPress バージョン5にアップデートしていない人は、これからいつどのような手順でアップデートすればいいか悩むことと思います。

そのための方法も記事にまとめておきましたので参考にしてください

実際にグーテンベルグエディタを使ってみたところ、まだ細かい不具合や操作がしづらい部分というのは残っているみたいですので、現段階では、慌ててバージョンアップする必要はないように思います。


最後までありがとうございました。
この記事が参考になれば幸いです!


もし、まだブログをはじめていないなら、こちらの記事を参考にまずははじめてみてくださいね。

【保存版】ファイナンシャルプランナーで稼ぐためのブログ活用術




ps.

保険が必要?

いや、保険を売らなくてもFPは十分やっていけますよ。


プロフィール
行列FPメルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール

こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、工学博士(阪大)。ライフプラン相談100世帯以上、個別の資産運用相談等を中心にFP業で収入を得ていますが、ネット集客が得意で北は北海道、南は沖縄まで日本全国に顧客を持っています。

FPは集客が難しいと言われる中、ネットだけで集客に成功しているFPはさらに少ないと思いますが、その秘密をメルマガでお伝えしています。

メルマガ詳細

プロフィール
メディア掲載実績など
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPPHPくらしラク〜る2017年12月号表紙

PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。(→プロフィール



FP事務所ブログが月間16万アクセスを超えました



FP事務所メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
人気記事 月間TOP10
最近の投稿