FPこそ使える!アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)という読書法はご存知ですか?

3,871 ビュー

ちょとと遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。


年末年始にかけて、
ゆったりした時間のある方が多かったせいか、
ライフプランのお申込みがいつもより多く入ってきました。

もしかしたら事務所のキャパを超えているかもしれませんが(汗)
なんとかがんばって期待に応えていきます。


さて今日は集客の話から少し離れて、
アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)という
読書法をご紹介したいと思います。

FPに役立つネタとして、今年はこういうエントリーも
少しずつ増やしていくつもりです。


アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)とは


アクティブ・ブック・ダイアログ(以下ABD)とは
聞きなれない言葉かもしれませんが、
新しい読書法の一つです。

開発者は竹ノ内(Facebook)氏。

ABDの特長は

  • みんなで一冊を分担して読むので、短時間で一気に理解できる
  • 読んだ部分をプレゼン形式で発表するので、表現するスキルが身につく
  • 全体が俯瞰できるので、より幅広い理解ができる
  • ダイアログを通じて、一人では気づけない深い理解ができる

など、たくさんあります。


メリットが多く、一人で本を読むより断然いいわけですが
参加中ちょっとしんどいのは「分担して読む」という部分。
これは例えば10人参加のABDなら、1冊の本を10個のパーツに分けて、
それぞれのパーツを読み込むということになります。

だいたい、10から20ページぐらいを短時間で読み込み、
それを白紙5から7枚程度にプレゼン資料として
時間内に準備します。

これがまぁ、しんどいところではあるんですが、
1冊の本を一人で読むことに比べれば断然楽だし、
みんなと一緒にやるので逃げられず、強制的に
読書が進むというご利益もあります。笑


一人だとどうしても後回しにしてしまい、
結果積読が増える…ということになりますからね。


ABDの流れ


あまり理屈ばかりグダグダ書いても分かりにくいと思いますので、
具体例をご紹介しながら、ABDの流れと雰囲気を
体感してもらおうと思います。


ABDの事例:「ホラクラシー」


つい先日、「ホラクラシー」という本を
ABDしてきました。

これを例に、ABDの流れを説明します。


チェックイン、パートの読み込み、資料作成と発表


まず、ABD開始時に参加者全員で
チェックインを行います。

チェックインとは聞き慣れないですが、
今の心境や感じていること、考えを一人一言ずつ
喋ってもらうというものです。

敢えて雑念を表に出すことでモヤモヤ感を払拭し、
ABDに集中してもらうのが狙い。

ルールとしては、喋ったことに対する
リアクションは原則無しということで、
これは何でも安心して喋れるようにするためです。

ABDに限らず他のミーティングにも応用できるので
ぜひ全員でチェックインしてみてください。


さてチェックインが終わると、参加者にABD初心者が居れば
ABDの概要説明をし、なければ、早速本の読み込みに入ります。

あらかじめファシリテーターが本を人数分に区分けしておき、
参加者それぞれが各パートを分担します。
割当はランダムでもなんでもよくて、
よくやるのは「本度」を自己申告して本度順に
割り当てていく方法です。

本度ってなんやねん!笑


例えば僕はホラクラシーの9章、275ページから290ページを
担当しました。

%e5%86%99%e7%9c%9f

さて、読み込みとプレゼン資料作成は40分程度で行います。

これが結構、時間が足りなくなったりするんですが、
集中、集中。


で、できました。

プレゼン資料を、壁一面に貼り付けた様子がこちら。

dsc_0208
僕が作った資料は右側ですね。
(うーん、デザインセンスなし…苦笑)


ずらずらっと並べると、こんな感じになります。
結構、圧巻でしょ。

dsc_0205

これがわずか40分程度でできるのですから、
集中による生産性はすごいものがあります。

そうそう、ABDの参加は事前に本を読む必要がありません。
(読んでも構いませんが)。

ということは、全員の発表が終わるまでは
本の流れを全く知らないまま、担当したパートだけを
理解して発表することになります。


これが結構面白くて、
参加者それぞれがパズルのピースを作り、
最後にそれが組み合わさって一つの絵になるような、
そんな面白い体験ができるのも
ABDの特長の一つですね。



発表


全員分を壁に貼り付けたら、
本の順番に沿って発表していきます。

発表は一人2分。

スライドが5,6枚ありますので、
結構、急ぎ足で説明しないといけません。


発表の様子(僕です)
15908992_1334913103197483_543208005_o

なんでこれだけ短いかというと、
単純に人数が多いからです。

例えば10人参加して2分なら20分、
これを4分にしてしまうと40分となります。

限られた時間でいかに効率よく
インプット、アウトプットするか?
という観点で見ても、
ABDはよい訓練になります。


最後の人が終われば発表フェーズは終了です。


ダイアログ


次に、ABDの大きな特長の一つに
「ダイアログ」というフェーズがあります。

このダイアログでは、参加者が4,5名ぐらいのグループに別れ、
それぞれのグループで本の内容について対話をし
理解を深めようとするものです。

ダイアログに入る前に、
全員、発表資料の気になる部分に
それぞれチェックを入れていきます。

チェックが集まったところなどを参考に、
一人一つずつ「問い」を立てます。

この「問い」がダイアログのネタになります。


「問い」は各自ポストイットに書き出し、
大きめの模造紙に貼り付けて
グループ内でシェアしながら
ダイアログを進めます。


ダイアログでは何を言っても基本自由ですが、
発言者はトーキングオブジェクト(1個)を持つというルールで、
一人ひとりの発言を丁寧にシェアしていきます。


聞き手は発言者の意図からさらに問を深めたり、
模造紙に自由に書き込んで内容を整理していったりします。


出来上がった模造紙は、こんな感じになります。
dsc_0211

キーワードを拾い出すだけでも、
内容の理解が深まるので
このダイアログには非常に価値があります。



まとめ


ABDについて、事例を使って
ご紹介してみました。

ちょっと、興味が湧きませんか?

興味のある人は、参加は自由ですので、
いつでも僕まで連絡ください。

だいたい僕の周りでは、
京都と大阪で活動しています。


特にFPって、読まなきゃいけない本が多くて、
買ったは良いけど積読、というのが
多いのではないでしょうか?

あるいは、いつか読みたい古典が
本棚の奥の方で開かれずに眠っていませんか?

こういう手強い本こそ、ABDは真価を発揮します。


まだABDはメジャーな方法とは言えませんが、
一度でも体験すれば非常に面白い、
シェア型の読書スタイルだと分かりますので
ぜひ、FPにも流行ればいいなと思いますね。




ps.

月収70万円超えました。

保険を売らなくてもFPは十分やっていけますよ。


プロフィール
行列FPメルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、工学博士(阪大)。ライフプラン相談100世帯以上、個別の資産運用相談等を中心にFP業で収入を得ていますが、ネット集客が得意で北は北海道、南は沖縄まで日本全国に顧客を持っています。

FPは集客が難しいと言われる中、ネットだけで集客に成功しているFPはさらに少ないと思いますが、その秘密をメルマガでお伝えしています。

メルマガ詳細

プロフィール
メディア掲載実績など
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール




PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



FP事務所ブログが月間16万アクセスを超えました



FP事務所メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
人気記事 月間TOP10
最近の投稿