近代セールス社のFP手帳電子版 辛口レビュー

883 ビュー

近代セールス社が販売しているFP手帳。

使ってますか?

ご存じの方も多いと思いますが
2018年版から「電子版」が
付属することになりました。

デジタル派の僕としては非常に気になる所で、
早速使ってみたのでレビューします。


FP手帳(電子版)を使ってみた


ここにキャプチャ画面を出すと(たぶん)怒られるので
文字ばかりで恐縮ですが、基本的には
紙版のFP手帳がそのまま画面に出てくると
イメージして頂ければOKです。

以下、ちょっと辛口評価になりますが
参考にしてください。

FP手帳電子版は表示文字が小さいが、タブレットやPCなら十分


FP「手帳」というからにはモバイル端末で利用したいところですが、
手持ちの5インチスマホに表示したところ、文字が小さすぎて
使いにくいことが判明しました。

もちろんピンチ操作で簡単に拡大できるのですが
紙手帳の見やすさに比べれば随分劣ってしまいます。

このあたりは、元々紙版向けの設計だと思うので、
スマホで見にくいというのは今の時点では
仕方がないかなとも思います。

しかしながら、これだけスマホが普及した世の中で、
今後スマホ対応を疎かにしているようでは
先が危ぶまれます。

来年以降の対応に期待したいですね。


もちろん、タブレットやPCなど、
画面の大きなデバイスであれば
閲覧性も十分高いです。

レイアウトは紙版で十分揉まれてきていますから
文字がしっかり読めるサイズであれば
かなり読みやすいのは確か。

ですので、タブレット表示させて
顧客相談の説明資料等に使うのは
喜ばれるかもしれません。


FP手帳電子版の検索は非常に遅い


電子版のメリットで真っ先に思いつくのが
「自由検索」。

FP手帳には検索機能も用意されていて、
好きなキーワードで全文検索できるようです。


が、しかし…これがとっても遅い!(苦笑)

もちろん紙版では出来ないことが
出来るようになっただけでも
十分進化といえるのですが、1回検索するのに
1分とか、2分とか待たされます。

インターネットにGoogle検索が登場したときは
その検索の速さに皆驚愕したものですが
今やそれも昔の話。

検索したら一瞬で結果が出ることに慣れきった体では、
この検索時間は永遠の時間にも思えます…。

まぁそれはちょっといいすぎだとしても、
やっぱり遅いというのが正直な感想。

多分、インデックス作成など
検索高速化の工夫はせずに
ベタ検索しているのではないでしょうか。


これだとFP手帳を検索する前に、
Google検索した方が早いかもしれません。


これも次期バージョンでの改善に
期待したいところです。


苦言…


さて、隠れた所でもう一つ言いたいことがあります。

実は電子版の公開が1月4日で、
パスワードが届いたのが1月12日。

ちなみにユーザー登録したのは
FP手帳が届いた去年の暮れです。

待てども待てども、パスワードが来ません。

当然ながらパスワードが届かなければ、
使い始めることが出来ません。

で、サービス期間が1月1日から12月31日までと
表記されているんですよね。

これはいかがなものか。


恐らく、今回電子版を初めて販売するにあたり現場が混乱し
このような事態を招いたのだと思いたいのですが

近代「セールス」社なのであれば
セールスが人の心を動かす仕事だということは
重々承知しているはずなのに
この「がっかり感」は一体どういうことでしょう。

例えばもしこれが

「大変お待たせ致して申し訳ありませんでした。予想以上にお申し込みが殺到し、公開およびパスワード送付が遅れましたことをお詫びいたします。
ご迷惑をお掛けしたお詫びに、ご利用可能時期を当初の2018年12月末から1ヶ月延長し、2019年1月末までとさせて頂きました。今後も末永く、近代セールス社をご贔屓にして頂ければ幸いです。」


などのような対応であれば
購入者は非常に喜んで

「よし、来年もFP手帳を買おう!」

と非常に前向きな気持ちになれるでしょう。


長い目でみれば1ヶ月延長するぐらいのコストを
上回る売上も期待できそうです。

もちろん、こんなことを書いて
利用期間を1ヶ月延ばせと
ゆすりたかりをしているのではありません。

また、出来うる対応は別に
この例に限ったことでも無いでしょう。


そうではなく、予定外のことが発生したならば、
むしろそれをビジネスチャンスと捉えて
柔軟に対応するぐらいの「遊び」があるなら
その会社は急速に成長していくのでは
ないか?ということが言いたいのです。


例えば他業界で恐縮ですが、
僕が副業として勧めているハピタス。

こちらも昨年12月にシステム障害により
ユーザーに不便や不信を与える事案が発生しました。



しかしその後の対応が、
目をみはるほど秀逸だったんです。

迅速にシステム障害の原因を調査し
計測が不確かになっていたことをお詫びするだけでなく
(ほぼ無条件に)大幅なポイントを付与する対応を
速やかに実施しました。

いかに不可抗力の障害だったとしても、
このような対応をされればハピタスのファンでなくとも
感激してしまうことは間違いないでしょう。

実際、「ハピタス システム障害」で検索したら、

「ハピタス凄い!」
「ハピタスの障害でボロ儲け」

みたいな記事が検索結果にズラズラ並んでいます。

これを見た人は
「ハピタスって、実は凄くね?」
と思ってしまうはずです。

それでさらにハピタスユーザーが増えて売上もアップするなら、
利用者にとってもハピタスにとっても
WIN-WINの関係が見事に成立しますよね。

ならハピタスにとっても、
付与したポイント以上のものが
返ってきます。


こうした対応の違いは

「いかにその商品に熱意を持っているか?」

とか、

「いかに顧客を大切にしようとしているか?」

といったバロメータになります。

結果として、ユーザーにもその企業にも
大きな恩恵を与えることになるんですよね。


これは顧客満足度に大いに依存している我々FPも、
他山の石としてぜひ参考にしておきたい事例です。


FP手帳電子版レビューまとめ


かなり辛口のレビューとなってしまいましたが、
実はFP手帳電子版にはかなり期待していましたので
その裏返し、と考えてもらえれば。


今回初の電子版(付き手帳)販売ということで
初めてのチャレンジですから、
そこは高く評価したいと思っています。

あとは今後、どこまで商品や顧客体験としての
価値を高めていくことが出来るか?

これがFP手帳(電子版)の今後の売れ行きの
鍵を握っているように思います。


いつまでも紙媒体だけではジリ貧でしょうから
ぜひ頑張って欲しいですね。



ps.

月収70万円超えました。

保険を売らなくてもFPは十分やっていけますよ。


プロフィール
行列FPメルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、工学博士(阪大)。ライフプラン相談100世帯以上、個別の資産運用相談等を中心にFP業で収入を得ていますが、ネット集客が得意で北は北海道、南は沖縄まで日本全国に顧客を持っています。

FPは集客が難しいと言われる中、ネットだけで集客に成功しているFPはさらに少ないと思いますが、その秘密をメルマガでお伝えしています。

メルマガ詳細

プロフィール
メディア掲載実績など
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール




PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



FP事務所ブログが月間16万アクセスを超えました



FP事務所メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
人気記事 月間TOP10
最近の投稿