マイベストプロ京都から連絡がありました。FPの活用法として面白そうですね。

2,933 ビュー

マイベストプロというサイトはご存知ですか?

個人・小規模の専門家を紹介するサイトで、今では全国展開されていますが、京都では京都新聞が共同運営しています。

先日、そのマイベストプロから「掲載しませんか?」との問い合わせがありました。

僕自身、マイベストプロを存じ上げてなかったのですが、詳しくお話を伺ったので少しご紹介します。

ブログが苦手だ、という方は参考になるかもしれません。


マイベストプロとは


マイベストプロは神戸から始まった専門家マッチングサイトの一つです。

現在では神戸、京都はもちろん全国に展開しているそうですが、それぞれの地方で、地方新聞や地方テレビ局と提携し、共同運営しているのが最大の特徴です。

今回お声がけいただいたのはマイベストプロ京都で、京都と滋賀の専門家をカバーし、京都新聞と提携しているサイトになります。

ちゃんと京都、滋賀のFPさんも掲載されていました。

マイベストプロ京都

screenshot

今回は条件が合わなかったので残念ながら見送りさせて頂いたのですが、ここの読者にも役立つようなメリットもありますので、その辺の話をご紹介しておきたいと思います。


専門家としての信頼性が高まる

マイベストプロ メリット
まず、専門家が集まるサイトですから、マッチング(問い合わせ)の可能性が高まるというメリットは外せないでしょう。

僕は自分のブログで十分集客できているのでこれ以上の集客は今のところいらないのですが、「これから集客を始める」という方なら、十分検討していいと思います。

また、京都新聞が運営しているということ、掲載には一定の審査を通る必要があることから、掲載されれば信頼性が向上することも魅力ですね。


コラムをブログ感覚で使えて、アクセスも集められる


マイベストプロには「コラム」というのがあって、どのような使い方をしても構わない記事投稿スペースが用意されています。

拝見すると、しっかりしたお役立ち記事を書かれている方がいれば、ご自身のプライベートを日記代わりに書かれている方もいて、それぞれ思い思いに活用しているようです。

また、当然ながらこのコラムをどんどん更新していくことで、ブログのような集客効果も見込めるとのこと。

実際見せて頂きましたが、確かに特定のキーワードではマイベストプロのコラムが検索上位に入っている事例もありました。


また、コラムの末尾に各著者の紹介欄が入るのですが、紹介欄の中に「ホームページ」URLを掲載して、自分のホームページに誘導することが可能です。

これは「マネーの達人」のようなサイトでもある機能ですのでそれほど珍しくはないのですが、

面白いのは、ホームページアドレスにメルマガ登録ページを掲載しても構わない、というお話でしたので、僕みたいにメルマガで集客しよう、という方にも使えますね。

僕も、事務所をさらに拡大するフェーズに入ったら、お世話になるかもしれません。


Yahoo知恵袋に、専門家として投稿できる


もう一つ面白いと思ったのは、Yahoo!知恵袋の専門家として、マイベストプロのメンバーを登録できるというサービス。

例えば、Yahoo!知恵袋にはこちらのような専門家のページがあります。

専門家|Yahoo!知恵袋
screenshot-2%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

マイベストプロの専門家だけではないですが、マイベストプロの専門家紹介ページのフッタエリアには、このような欄が入ります。

screenshot-1%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

これ、面白くないですか?

「メールで問い合わせる」ボタンがデカデカと配置されていますので、いかにも問い合わせが来そうな感じです。

質問に回答してもらった人はもちろん、その質問と回答を横から見てた読者も、この専門家が気になって問い合わせる…という新たな導線もできそうですよね。

特に、ブログやコラムを書くネタに困るというタイプの人であれば、とにかくYahoo!知恵袋の質問に回答しまくって、問い合わせを頂くという方法もありそうです。


料金は比較的リーズナブル?


さてこれだけのサービスを利用するための料金ですが、

  • 初期登録料:5万円

  • 月額利用料:1万円

  • 契約期間:1年単位

となっています。

5万円はともかく、これだけのサービスが月額1万円なら、決して高くはないんじゃないでしょうか?

たった一人でも集客できれば、簡単にペイできますよね。


しかも、会員への電話、メールサポートは無料だそうです。

サポートメンバーは実は京都新聞のスタッフではないため、記事の書き方云々ではないかもしれませんが、この料金で電話とメールサポートが受けられるのは美味しいかもしれませんね。


デメリット

マイベストプロ デメリット
主にマイベストプロのメリットについてご紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。


まず、有料契約型のサービスですので、契約解除したら、アカウントが無くなりコラム記事も削除されてしまう可能性があります。

コラム記事の場合は、著作権がマイベストプロになければそのまま他でも流用可能なので、完全に無くなるわけではないですが、コラムでアクセスを集めていた場合は、SEO効果が無くなり、またゼロから始めないといけないので注意が必要です。


Yahoo!知恵袋のアカウントはどうなりますか?とお伺いしたのですが、まだこちらのサービスは始まって1年ぐらいで、解約の実績がないとのこと。

このあたり、Yahoo!知恵袋を活用したい方は注意が必要かもしれません。


また、各地方毎に審査や運営ルールが微妙に異なるそうで、そのあたりは別途確認が必要だと思います。


マイベストプロ京都のまとめ


今回僕はマイベストプロ京都を初めて知りましたが、結構面白いサービスを展開しているな、という印象です。

特に、ブログをイチから作るのは面倒、という方であればマイベストプロのシステムを使って集客できるのはメリットがあると思います。

あとは料金との兼ね合いで、コラムが充実していけばいくほど資産になりますから、解約しづらくなります。


何度もですが、僕はブログでアクセスが集まっていてキャパの関係上、現状ではこれ以上の集客ができません。

でもたとえば将来事務所を大きくしてスタッフが増えたら、スタッフのコラム用に契約しても面白いですね。Yahoo知恵袋も、スタッフに任せればいいかな。笑

月々たった1万円ですから広告費としては知れてますし、仮に失敗したとしてもあまり痛くもありません。


いろんな可能性が見えるサービスだと思うので、ネット経由の集客を考えているFPは一度検討して見る価値はあると思います。


なお、以上は僕がお聞きした内容であり、もしかしたら間違っている可能性もあります。

また、僕が京都在住ですのでマイベストプロ京都の話がメインとなりましたが、マイベストプロは各地方の新聞紙、テレビ局等と提携しています。

詳しくは、各地方のマイベストプロにお問い合わせくださいね。



ps.

月収70万円超えました。

保険を売らなくてもFPは十分やっていけますよ。


プロフィール
行列FPメルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、工学博士(阪大)。ライフプラン相談100世帯以上、個別の資産運用相談等を中心にFP業で収入を得ていますが、ネット集客が得意で北は北海道、南は沖縄まで日本全国に顧客を持っています。

FPは集客が難しいと言われる中、ネットだけで集客に成功しているFPはさらに少ないと思いますが、その秘密をメルマガでお伝えしています。

メルマガ詳細

プロフィール
メディア掲載実績など
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール




PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



FP事務所ブログが月間16万アクセスを超えました



FP事務所メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
人気記事 月間TOP10
最近の投稿