使える?EvernoteからOneNoteへ、試しに移行してみました。

5,172 ビュー

僕は随分前からEvernoteを愛用していて
有料プランも契約しているんですが、
最近Microsoft OneNoteも評判がいいので
試しにEvernoteからOneNoteへの移行を
試してみました。

本当に使い勝手がいいようなら、
OneDriveも併用してみようかと。

で、移行に際していくつか
ハマったところもあったので、
そのあたりも記録しておきます。


Evernote→OneNote自動移行ツール「OneNoteImporter」を使ってみる


最初に結論から言えば、残念ながら
「僕はOneNoteを使うことができなかった」
のですが、その理由も後でお話します。


これからOneNoteを使う人用に、
EvernoteのデータをOneNoteに
移行するOneNoteImporterというツールがあります。


これを使って、Evernoteに6000以上あるノートを
一気にOneNoteへ!!

…と思いましたが、まずは少しだけ移行して
使い勝手などを見てみます。

早速ツールを起動してみるといきなり壁が…。

どのデータを移行するか?と問われてしまいました。

というのも、僕は普段Macを使っているのですが、
OneNoteImporterはWindows専用アプリ。

で、このWindows上ではEvernoteをインストールしておらず、
OneNoteImporterからデータが見えない状態だったんですね。

ということで、ここでの選択肢としては


  • WinにEvernoteをインストール&同期して、そこからOneNoteImporter

  • MacのEvernoteからデータをエクスポートして、そのデータをOneNoteImporterに指定


の二択です。


最初は、いくつかのノートを試しに移行したかったので、
2番目のエクスポートデータを指定する方法を試しました。


エクスポートは簡単で、
エクスポートしたいノートを選択した状態で、
メニューから「ノートをエクスポート」を指定します。



で、しばらく待つと



のようにファイルが出来上がりますから
このファイルをOneNoteImporterに
指定してやります。

ファイルを指定したら、
どのアカウントで同期するかを選択します。




個人で使用するなら通常は左の「Personal account」で
いいと思いますが、僕はOffice 365 Business契約をしてたので
右の「Assigned by your work or school」を選択。


次に、Evernoteのタグをどのように扱うかを選択します。




OneNoteにはEvernoteのタグのような概念はなく、
その代わりノートブックの中に「セクション」という
区切りのようなものがあります。

EvernoteのタグをOneNoteのセクションに置き換えるなら
上記のチェックを付けておきます。


で、しばらく待ちます。
このノートのインポートは結構時間がかかるようですので
ノート数が多い場合は時間に余裕のある時にやったほうが
いい感じですね。


うまくいったかな、、、と思ったら


このようなエラーメッセージが。


出来ない理由がよく分からなかったのですが、
一度OneNoteを起動した後で再び
OneNoteImporterを試してみたら、うまくいきました。

もしかしたら、OneNote上で認証を1度
通しておかないいけないのかもしれません。

で、こんな感じでEvenoteのノートが
OneNoteへインポートされました。



しめしめ、これでうまくいったぞ、
と思ったのですが、ここでまたハマりました。

これは僕がOneNoteの使い方を知らなかっただけなんですが、
WinのOneNoteでは見えているノートが、
MacのOneNoteではこんな感じでうまく見えないんです。



おかしいなぁ?

と思ってたところ、
OneNoteでは「ノートブックを開く」
という操作が必要なことが分かりました。


ネット上の記事でもちゃんと「ノートブックを開いてね」
と書いてあったので、単純に僕が忘れてただけなんですが、
Evernoteは作ったノートブックは自動で同期される仕組みなので、
OneNoteもすっかりそうだろうと思いこんでたんですよ。


でもOneNoteは「ノートブックを開く」という操作をしない限り、
そのデバイス上でアクセスすることが出来ません。

まぁこれは考え方の違いで一長一短かもしれませんが、
大量のノートブックがあるような場合は、
いちいち開かないといけないのでちょっと面倒な気はします。


ネットでちらっと調べてみても、
複数のノートブックを一括して開くという方法が
見当たりませんでした。


ノートブックとノートをまとめて一気に移行!


さて、いくつかのノートを試しに移行してみて
問題ないことを確認した後、
本格的に全てのノートを移行させてみました。


この記事を執筆する時点で
Evernoteのノート数は約6,800。

これらを一つ一つ手作業で移行する
なんてことは不可能ですので、
OneNoteImporterにとにかく頑張ってもらいます(笑)


Evernoteで一つ一つエクスポートさせるのも
(ノートブックが60以上あるので)現実的に
手間がかかりすぎますね。

そこで、一旦Win上でEvernoteを全て同期し、
同期が完了したらOneNoteImporterを起動して
EvernoteからOneNoteへ移行させました。


かなり時間がかかりましたが、
一晩放置することで作業自体は完了。

成功したかな!?
と思ったら、なんと以下のメッセージが…。




一見、うまくいったようにみえるんですが、
よくよくメッセージを読むと、
「サーバーが重くて1,274個のノートが移行できなかった」

とのこと。

おいおい、1,274個って…orz


しかもこの1,274個のノートがどのノートかすら、
分かりません。


こんな中途半端な状態ではさすがに使えないですよ。

ということで残念ながらOneNoteは使えませんでした。

ちょっと期待してただけにがっかりなんですが、
もしかしたらノートブックを一つ一つ手作業で移行すれば、
うまくいくのかもしれません。

でも、僕の場合は60以上もノートブックがあり、
それを一つ一つ手作業で移行なんて、
どう考えたって気が狂いそうです。


だったら素直にEvernoteを使い続けます(苦笑)。


EvernoteからOneNoteまとめ



ということで最後の結論は
大変残念な感じになってしまったんですが
これから新たにOneNoteを使うということであれば
もちろん全然問題ないでしょう。


また、ノート数が少ない場合なら
うまくいく可能性もありますので、
一度試してみる価値はありそうです。


普段からMS Officeを良く使う業務なら
OneNoteの方が業務との親和性が高そうですね。


どちらか気に入った方を利用して、
業務効率をどんどん上げていきましょう!





ps.

月収70万円超えました。

保険を売らなくてもFPは十分やっていけますよ。


プロフィール
行列FPメルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、工学博士(阪大)。ライフプラン相談100世帯以上、個別の資産運用相談等を中心にFP業で収入を得ていますが、ネット集客が得意で北は北海道、南は沖縄まで日本全国に顧客を持っています。

FPは集客が難しいと言われる中、ネットだけで集客に成功しているFPはさらに少ないと思いますが、その秘密をメルマガでお伝えしています。

メルマガ詳細

プロフィール
メディア掲載実績など
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPPHPくらしラク〜る2017年12月号表紙

PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。(→プロフィール



FP事務所ブログが月間16万アクセスを超えました



FP事務所メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
人気記事 月間TOP10
最近の投稿