個人事業主が今後e-Taxを使うメリットとデメリット

426 ビュー

こんにちは。行列のできるFP事務所プロデューサーの林です。

確定申告の季節になってきました。あなたはもう、準備が整っていますか?まだですか…僕もです。笑

以前からe-Taxという言葉は耳にしているかと思いますが、個人事業主で青色申告の方は、来年からe-Taxで節税もできるので今年からチャレンジしてみてはどうでしょうか。

e-Taxで何ができるかよくわからないという方向けに、e-Taxによる確定申告のメリット・デメリットを解説していきます。

行列FPメルマガ

動画で学びたい方はこちら

青色申告特別控除額が10万円減額に

青色申告のメリットは白色申告にはない控除が受けられることです。白色申告を行っても特別な控除はありませんが、青色申告の場合は10万円または最高65万円の特別控除が受けられます。

ちなみに青色申告で65万円の特別控除を受けるには以下全ての条件を満たす必要があります。

  • 不動産所得か事業所得を得られる事業を営んでいること
  • その所得に関する取引を複式簿記により記帳していること
  • 記帳した貸借対照表と損益計算書を確定申告書に添付し、控除を受ける金額を記載して、確定申告期限内に提出すること

の3つです。

これらの条件のうち一つでも満たせなければ控除額は10万円になりますが、多くの青色申告者は65万円の控除額を受けられるよう準備を行い、65万円の特別控除を受けているかと思います。

手間がかかっても条件の多い方を選択する理由は控除額をより多く受けるためです。控除額が増えれば節税になりますし、所得税は累進課税なので控除額が増えればその分税率が下がる可能性も高まるのです。

そんな中、令和2年(2020年)の所得に対する青色申告控除額が65万円から55万円に減額されることが決まりました。所得控除で10万円の差はかなりインパクトがありますよね。

ちなみに、所得税の基礎控除額38万円が48万円に増額されるので、青色申告控除額が下がったことに気づかない人も実際には多そうです。

e-Taxのメリットは?

e-Taxには青色申告の控除額が増えたりと、さまざまなメリットがあります。

2020年分以降の特別控除額が55万円から+10万円の65万円に

e-Taxによる確定申告を行えば、青色申告控除額は55万円から+10万円の65万円に増額されます。節税のために青色申告を選んでいるのであれば、大きなメリットが感じられるでしょう。

e-Taxによる確定申告を行えば、基礎控除が増えた分もあわせて、節税効果がさらに高くなります。しかもe-Taxを続ける限り、この10万円加算の恩恵にずっとあずかることができます(さらに税制改正されるまで)。これは無視できないインパクトでしょう。

以上の話をまとめると、こちらの図のようになります。

自宅から申告できる

インターネットにつなげられるPCさえあればどこでも利用できるサービスなので自宅にて手続きを行うことが可能です。

税務署で確定申告を行う場合、平日の午前8時30分から午後5時までの間に手続きを行わなければいけません。納税のためにわざわざ仕事を休む必要が出てきます。ただし郵送で済ませるなら、時間と場所の拘束はありません。

また、確定申告の時期は混んでいるので、手続きにかかる時間も長時間に及んでしまいます。

自宅で電子申告を行うことができれば、こういった時間の制約や手間から開放されます。

添付書類を省略できる

確定申告で面倒なことの一つに添付書類の準備があります。添付書類といのは、例えば、給与所得、退職所得及び公的年金等の源泉徴収票や社会保険料控除の証明書、生命保険料控除の証明書などです。

毎年金額が変わらないものであれば、書類の添付なしに金額の記載だけで済ませたくなります。

e-Taxでは一部の添付書類を省略することができます。省略できる書類の一覧は公式ページに記載されています。

省略できる添付書類もだんだんと増えてきており、マイナンバーで紐づけられるものなどは、勤務先の会社、病院や保険会社から受け取るデータで確認することができるので証明書が必要ないのでしょう。

必要書類を探す手間が省けるので、時間を節約することができます。

早めに申告でき、24時間対応

上述の通り税務署で確定申告を行う場合は、平日の午前8時30分から午後5時までの間に手続きを行わなければなりません。

しかし、e-Taxを利用すれば24時間手続きを行うことができます。仕事の前後や真夜中でも確定申告が行えるので時間的な余裕が生まれます。また、確定申告の時期は土日祝日でも手続きを行うことができます。

それから、税務署で確定申告を行う場合、2020年は2月17日から3月16日の間に手続きを行う必要がありますが、e-Taxの場合は1月6日から申告を行うことができます。(締め切りは同じ)

2020年のe-Taxによる確定申告が可能な期間について、記事執筆時公式ページ上では発表がされていなかったので電話にて質問したところ、上記の申告期間を教えてもらえました。

確定申告時期と仕事や家事などで忙しいタイミングがかぶってしまうと大変です。確定申告可能な期間が長くなれば、確定申告にあてる時間を捻出しやすくなります。

還付がスピーディー

税金を払い過ぎている場合には還付を受けられますが、e-Taxを利用すると申告を行ってから2〜3週間で還付金を受け取ることができます。税務署で手続きを行う場合に比べて短い時間ですんでいます。

還付金をスピーディーに受け取れることもe-Taxのメリットの一つです。

所得税以外にも利用できる

e-Taxでは所得税の確定申告以外にも、相続税、贈与税、法人税、消費税、復興特別法人税、酒税、印紙税の申告に利用できます。

申告すべき項目が増えても自宅で好きな時間に落ち着いてできるので時間や手間を減らすことができます。

e-Taxのデメリットは?

ここまでe-Taxのメリットばかりを説明してきましたがデメリットも存在します。

e-Taxには2種類の申告方式があります。一つはマイナンバーカード方式、もう一つはID・パスワード方式です。

マイナンバーカード方式では、その名の通り手続きにマイナンバーカードが必要になります。カードの発行を行っていないのであれば、確定申告のためにわざわざ発行する手間がかかってしまいます。

またマイナンバーカードの読み取りにICカードリーダライタが必要であり、購入費用が余計にかかってしまいます。

それから、ID・パスワード方式を選ぶ場合には事前に税務署にてe-Tax用のIDとパスワードを受け取るための手続きが必要であり、e-Taxを利用する場合でも結局税務署に足を運ぶことになってしまうのです。

そして、知識のないe-Taxの操作・入力方法について、やり方を学ばなくてはなりません。新しいやり方を理解し慣れるまでは辛抱が必要です。

しかし、一度事前準備を行い、やり方を理解してしまえば、その後の確定申告で楽をすることができます。最初だけ我慢すればいいと割り切れるのならばデメリットというほどではありません。

スマホ版も導入

e-Taxのウェブサイトにはスマホ専用の操作画面も用意されており、e-Taxのためにわざわざパソコンを買う必要はありません。スマホで使える申告書作成アプリ(e-Taxソフト)も用意されています。

小さい画面での操作が大変そうですが、だんだんと改良されてきているので、スマホでの操作性も改善されていくでしょう。

ICカードリーダライタの代わりにスマホが使える(一部機種のみ)ようになったことなど進化が見られるので期待値は高いです。

まとめ

e-Taxによる確定申告には、青色申告控除額の増加、自宅で確定申告ができるなど、メリットがいくつもあげられます。

事前準備が必要などデメリットもありますが、一度クリアしてしまえば、その後の確定申告を楽に済ませることができるようになります。享受できるメリットの方が大きいので、ぜひ挑戦してみてください。



ps.

月収70万円超えました。

保険を売らなくてもFPは十分やっていけますよ。


プロフィール
行列FPメルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール

こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、工学博士(阪大)。ライフプラン相談100世帯以上、個別の資産運用相談等を中心にFP業で収入を得ていますが、ネット集客が得意で北は北海道、南は沖縄まで日本全国に顧客を持っています。

FPは集客が難しいと言われる中、ネットだけで集客に成功しているFPはさらに少ないと思いますが、その秘密をメルマガでお伝えしています。

メルマガ詳細

プロフィール
メディア掲載実績など
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPPHPくらしラク〜る2017年12月号表紙

PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。(→プロフィール



FP事務所ブログが月間16万アクセスを超えました



FP事務所メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
人気記事 月間TOP10
最近の投稿